不穏の理由

あまりにも不穏な状態が続く利用者様がいらっしゃいました。
職員にその理由を訴えたいようでした。
でも、職員が多忙なのに気づかれ、我慢されているようでした。

時間がある!大丈夫!

やっと巡ってきたその瞬間に、

利用者様の方から私に近づいてきました。

ユマニチュードの技法
・見つめる
・話しかける
・触れる
・立つ(私は一人でユマニチュードを実践しているので、職場では実行せず)
を使って話しかけました。すぐに不穏の理由を語り始めました。それは、過去のあるでき事が孤独感をかきたてているのでした。
私はその過去の出来事を存じ上げております。
私は利用者様がそれを覚えていらしていること、、、それはなんとなく感じておりました。

しかし、
それがその方の視界を真っ暗にするほど覆いつくすかのごとくに、
いえ、身動きができなくなるほどに包み込んでしまうかのごとくに、
とらわれていたことに、
・・・気付けなかったのです。
それを切々と語られていたときの鈍色(にびいろ)の瞳が忘れられないのです。
何度も口にされたのが「淋しくて仕方がないんだ。」。お話になったことで、一瞬でもお楽になったのだろうか。
今はどんなお気持ちでお過ごしなのだろうか。

ただ聞くことしかできなかった、ふたつ前の夏の終わりのこと。
モノトーンだった午後。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です