手を動かすことは脳を活性化し創造力を育むこと

手仕事をする知人が「こども」が「手を動かすこと」の大切さを書いたことがありました。
手を動かす機会が多くの場面で圧倒的に減った現状から考察されています。
手を動かす、脳が活性化する、そして、育まれた想像力の展望に明るくなるような文章でした。
こどものことについてでしたが、お年寄りにも通じる読み応えのある内容でした。
[以下、知人の文章より引用]
 
上の図(上記リンク先)を見ていただくとわかるように、脳が支配する体の器官では手が全体の1/4を占めています。これを見れば、いかに手を動かすことが脳の発達に大切かということがおわかりでしょう。
[引用終わり]
介護施設で行われるアクティビティケア(※)にも手を動かすものが多数あります。
※(施設で行われる)アクティビティケアとは、その人に合ったさまざまなアクティビティをケアの一環として提供すること。生活の改善や活性化に繋げることが目的。
手工芸等の手を動かすアクティビティがお好きなお年寄りは多いと感じています。
しかし、以前ほど手を細やかに動かせないと思い込んでいらっしゃると思われる方々は、アクティビティにお誘いしてもご遠慮される方が多いです。
ところが、たしなまれたことがおありだったり、ご興味のあるアクティビティに出会うといきいきと手を動かされます。
ご興味がおありなのに十分に手を動かすアクティビティケアがご提供できない現状も少なからず存在します。
しかし、そのような現状に悶々とされている方が知人の文章や上記のリンク先の図から、
「手を動かすアクティビティケアの導入のアイディアが楽しく湧いてきたらいいな。」
という願いを込めてシェアいたします。
シニアのために開発されたエコなフラワーアート・プランティングフラワー。ミニバラ。Wedding Heart。花束のラッピングペーパーとダンボールで作ります。プランティングフラワー制作がデイサービス、有料老人ホーム、小規模多機能施設等で機能訓練にもなります生徒様が制作されたプランティングフラワー作品「WEDDING HEART]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です